未分類

猫のトイレのにおい対策に効果的!おすすめの消臭方法10選!

猫9

猫ちゃんを飼っていると、どうしても気になるのは「トイレのにおい問題」ですよね。

室内に消臭効果のある砂をトイレに入れていたとしても、やっぱり完全に無臭というのは無理ですが、少しでも臭わないようにしたい!というのが本音ではないでしょうか?

そこで、実際に猫を飼っている人10名に、「猫のトイレのにおい対策に効果的な方法」のインタビューをしてみました!猫ちゃん飼い主さんのリアルな声なので、参考になる事まちがいなし!ですよ~

それでは、今回は猫のトイレのにおい対策に効果的!おすすめの消臭方法10選!と題してお送りしていきますので、最後までお読みくださいね☆

ここにAdSenseタグを貼ってください。

おしっこやフンをした時すぐに片付けて、ペット用の消臭プラグを使用する!

猫1
猫の性別 オス

はじめて猫を飼う際に最初に気になるのが、猫がトイレを覚えないかですが割りとうちの子はすぐにトイレを覚える事ができました。トイレの臭いの対策としては、おしっこやフンをした時すぐに片付ける事です。

放置時間が長くなればなるほどアンモニア臭がきつくなるので物を残さないのが一番効果があります。その他の対策としてはうちでは消臭タイプの紙砂を仕様したり、猫用の消臭スプレーをトイレにまいたりしています。

うちで実践してるのはこの3点だけですが全く匂いが気になりません。後はペット用の消臭プラグをトイレから一番近いコンセントにさして仕様しています。

部屋全体を消臭する効果があるので暑くなってくる季節にはこならず仕様しています。

ペットシートと出がらしのコーヒーの粉を利用してにおい対策!

猫2
猫の性別 メス

我が家の猫のトイレのにおい対策には猫砂以外にペットシートと出がらしのコーヒーの粉を利用しています。スノコタイプの猫トイレを利用していて、トイレをするたびに固まった猫砂やうんちを取り除いているのですが、その際に砕けて粉になった猫砂がスノコの下にだんだん落ちていきます。

砕けるということは一度汚れた砂でにおいが染みついた臭い猫砂なのですがなかなかスノコの下まで毎日丁寧に掃除するわけには行きません。

我が家ではスノコの下にペットシートを敷いてこぼれた猫砂の水分をすぐに吸い取りつつシートの上にまぶした出がらしのコーヒーの粉で消臭しています。

それを週1ペースで交換しています。コーヒーの粉のにおいを猫が嫌がらないか心配されますが、我が家では猫がトイレを覚えないころからコーヒーの粉を消臭に使っているので大丈夫です。

スポンサーリンク

猫のトイレのにおい対策の基本は、まめに掃除をすること!

猫3
猫の性別 メス

まず、猫がトイレを覚えないという問題があります。根気強く場所を教えることと、猫の排泄物をトイレに入れておくと、同じ場所で用を足すようになります。におい対策の基本は、まめに掃除をすることです。

トイレに行く時間は、だいたい決まっているので、時間に合わせて都度掃除をします。トイレの砂を、よく混ぜると臭いが少なくなります。また、変色している砂を残さないことも大切です。さらに、部屋の換気も合わせて行うと良いでしょう。

トイレから出た後は、周りに変色した砂が落ちてないか、必ず確認し掃除機掛けをすると効果があります。天気が良いときは、トイレ自体を外に出し日光消毒します。

また、トイレ以外に、猫をおしりふきで拭き、清潔にしてやると猫も満足です。基本はまめな掃除と、汚れた砂は早めに取り去り、周りも掃除しておくことが大切です。

[もぐにゃん]

ペットシーツとトイレのにおいを抑えるスプレーで対策!

猫4
猫の性別 オス

飼い始めの頃は猫がトイレを覚えないと言う事に悩んで居ましたが初めに猫用トイレとは別にペット用シートをゲージに敷いてどこにでも出来るようにとしていました。

覚えて来た頃はにおいが少ししていたのでスーパーなどペットショップにでも売っている匂い付きの砂やシーツを買ってみる事にしました。

そしたらにおいが軽減されましたトイレについてしまった匂いは消毒液で匂いをとったりして居ましたそしたら匂いも無くなって来たのでオススメです!

後ペットショップにはトイレの匂いを抑えるスプレーなどが売っていたのでそれも色々使って見ました。それも気にするほどの匂いが無くなって居たので買ってよかったなと思いました。今後も色んな匂い対策を考えたいなと思います

“おからの猫砂グリーン”(常陸化工)がおすすめ!

猫5
猫の性別 オス

猫がトイレを覚えない時は、猫のトイレにおしっこの臭いを付けておくと良いそうです。我が家もトイレの臭いには悩まされました。

猫のトイレと言ったら猫砂を敷きますよね。砂のタイプにも色々ありますが、トイレを覚えさせる目的でしたら、鉱物タイプの砂が良いそうです。我が家もはじめは使っていましたが、トイレに流せないのと、猫用のフタ付きのゴミ箱に捨てていたにも関わらず、開ける時の臭いに耐えられずやめました。

もちろん砂は1回ずつスーパーの袋に入れてちゃんと縛っていましたよ。そこで巡り会えたのが、“おからの猫砂グリーン”(常陸化工)です。おしっこを固める力がものすごいのです!毎回シャベルで取るのが楽しみです。

「でっかーい!」と心の中で喜んでますよ。消臭力にも優れているからスーパーの袋に入れてゴミ箱に入れれば終了です。トイレに流せるとなっていますが、あまりにも塊が大きいので我が家では流していません。是非、おからの砂をお試しください。

におい対策の為に不燃ゴミタイプの猫砂を使用!

猫6
猫の性別 オス

うちでは、猫がトイレを覚えないといったトラブルがないように、トイレに行きたいようだったらトイレの場所に一緒について行きました。

今は、ベランダにトイレを置いています。以前は面倒だったので、木粉、木屑等の入った土に還すタイプを使っていました。猫もいやがるので、マメに掃除をして臭わないようにすれば、場所はそんなに大事ではないと思って、庭にしました。

庭だと捨てる事ができて良いと思いましたが、夏の暑いや雨の日の後等湿気が多い時はひどいので、匂い対策の為に不燃ゴミタイプにしました。ゼオライト、ベントナイト、シリカゲルが入ったタイプのにしました。

完全に匂いが消えるわけではないですが、全然気にならないです。なるべく風通しの良い場所がいいと思います。

[カリカリマシーン]

トイレに消臭の機械がついているものを使用するのも◎

猫7
猫の性別 オス メス

我が家では二匹のオスメスのスコティッシュフォールドの猫がいますが猫がトイレを覚えないと言ことはなく必ずトイレでしてくれます。トイレを2個置いていますが猫のトイレの砂はおからの物を使用しています。

トイレをした時は臭いですが数分経てばほとんど臭いはありません。おからの砂で糞を隠すと更に臭いはしなくなります。あとら頻繁にトイレ掃除をし清潔を心がけています。

猫のトイレにかける消臭スプレーも使いましたが少しはましになるように思います。それと猫のトイレを買い換えトイレに消臭の機械がついているものを買いましたが全く臭いがしないです。

ペットキットと言うメーカーからでているトイレで掃除もしやすく臭いもしないのでおすすめです。

使用済みの猫砂をビニール袋二重密封→ポリバケツへ保管!

猫8
猫の性別 オス・メス

多頭飼いの方は猫がトイレを覚えないという事はほとんどないはずですが、その反面トイレの匂いに困る方が多いはずです。 完全室内飼いの場合は特にこれから暑くなる季節は匂いに頭を悩ませる方も多いはずでしょう。

「猫は決まった場所でトイレをしたがる」といいますが、必ずしもそうではないと言えます。 マーキングも兼ねているのでしょうが、一匹がしたトイレに汚くならない程度に重ねてしにいくのが我が家の傾向です。

完全室内飼いで八部屋に四ヶ所トイレを設置しているのですが、よく使われるのは二ヶ所です。 猫の尿も糞もある程度時間が経ってからの方が取りやすいですし、健康観察にも利用できますからすぐに処理をしないのですが、必然的に匂いがきつくなります。

匂い対策に空気清浄機を各トイレの側に置いていますが、このツーンとした発酵臭にはほとんど機能しないです。 また匂い消しに周辺にハッカ水等を使う方もいますが、猫の身体に有害なので使う方には注意を促しています。

このために使い古しのツボに使用済みの猫砂をビニール袋二重密封して処理保管し、それを札付きポリバケツへ入れて匂い対策をしています。 これが一番匂い対策にはベストだと思います。

においがひどい時には重層とミョウバン水で対応!

猫9
猫の性別 メス

猫がトイレを覚えないと言うわけではなかったのですが、興奮すると結構トイレ以外で用を足してしまうので、ニオイ対策と掃除が大変でした。なのでありがちですが、重曹を使用してみました。

匂いにあまり効き目がないかもと言われたのですが、猫の尿に重曹をかけると尿が固まるのです。猫砂以外のところで尿をされた時に、これは便利でした。

匂いはどうなのかなとも思いましたが、何と言っても液体がすぐに個体になってくれるので、掃除機で吸い取って終わりというスピードが、臭ってしまう時間を短縮させてくれる感じです。

一応食べ物ではありますけど、猫が食べないように注意する必要はあります。それ以外では使い勝手もよく、安価でしかも片付け簡単な方法ですね。消臭自体は、ひどい時には重曹を使用後ミョウバン水で対応しました。

薄めた漂白剤や洗剤などを浸したタオルで、ニオイがする箇所をきれいに拭く!

猫10
猫の性別 オス

猫がトイレを覚えないと、トイレの回りやトイレ以外の場所でニオイがしてしまいます。その時は、なるべく薄めた漂白剤や洗剤などを浸したタオルで、ニオイがする箇所をきれいに拭くようにしました。

また、その後をきれいに拭き取り、さらにペット専用の消臭スプレーをすると効果的です。それから、トイレ自体のニオイ対策はホームセンターなどで購入できる、消臭効果のある猫砂を使用するようにしました。

それを利用するようになってから、猫のトイレのニオイが格段に違いました。しかし、あまり躍起になってニオイ対策をし過ぎてしまうと、猫がトイレに寄りつかなくなってしまうことがありました。その場合、粗相の原因になってしまうので注意が必要です。

[シンプリー猫]

まとめ

今回は猫のトイレのにおい対策に効果的!おすすめの消臭方法10選!と題してお送りしてきまいたが、いかがでしたでしょうか?

猫との生活にはつきものである「トイレのにおい対策」には色々な方法があることがわかりましたね!

今回紹介した10人の猫のトイレのにおい対策方法はどれも効果的なものばかりなので、是非実践してみてくださいね。かわいい猫ちゃんとの生活が、よりよいものとなることを願っています。

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

関連記事:  藤河合渓谷の紅葉2019年の見ごろはいつからいつまで?駐車場情報も!