プール情報

稲毛海浜公園プール2019オムツの赤ちゃんもOK?テントは使える?

プールで遊ぶ赤ちゃん

子供が遊べるプールがたくさんある!」と口コミでも評判の高い稲毛海浜公園プールに2019年の夏は遊びに行こう!と計画しているご家庭も多いと思います。

水深が浅いので小さな乳幼児も安心して遊ばせてあげることができますし、幼稚園児くらいの子供が楽しめるウォータースライダーもあり、子供たちは大喜び間違いなし!

でも、気になるのはオムツを履いている場合はプールに入ることができるのか?ということですよね。

また、小さな子供は長時間直射日光を浴びていると熱中症になる恐れもありますし、お昼寝の時間もあるのでテントで日陰を作りたいけど使えるのか?

気になりますよね。

そこで今回は稲毛海浜公園プール2019オムツの赤ちゃんもOK?テントは使える?と題してお送りしていきます!

稲毛海浜公園プール2019オムツの赤ちゃんも入れる?

気になる「オムツの外れていない子も入れるのか?」について調べてみました!

稲毛海浜公園プールは2019年も入場年齢制限を設けていないので、まだオムツが外れていない赤ちゃんでも入場することは可能となっています。

ただし、水遊び用オムツを履いてから水着を着せることが義務となっています。

水遊びパンツとは?

色々なオムツメーカーから販売されている「水遊びパンツ」ですが、普通のオムツとの違いは水を吸収してもパンパンに膨れ上がらないということです。

でも、注意したいのは、この水遊び用パンツは吸水層がないので、「オムツ」と同じような形態でもおしっこは流れ出てしまいます。

また、とっさのウンチはキャッチできても、プールの中に入っていたら流れ出てしまいまいます。。。

つまり、排尿排便を吸収する目的で作られている訳ではないので、垂れ流してしまい本来のオムツとしての役割は果たさない、ということですね。

周りへ配慮して使うのが○

稲毛海浜公園プールでは2019年も水遊びオムツを着用させてプールに入ることはできますが、やはり衛生面で疑問を持ち気にする人もいます。

いくら許可されていても、「垂れ流し」状態であることは確かなので、周りへ配慮して使うのが望ましいでしょう。

  • 大きいプールには入れず、キッズ用のプールで遊ばせる。
  • 赤ちゃん・子供の様子を常に確認
  • こまめにオムツを確認し、交換する
このように、周囲にも気を配りながら気持ちよく楽しめるようにしたいですね!

また、夏の強い日差しは赤ちゃんにとって大きな負担になってしまいます。とは言え、お肌の弱い赤ちゃんに大人用の日焼け止めを塗るのはNG!!

赤ちゃんのお肌に優しいこちらのミストタイプの日焼け止めなら、夏のプールやアウトドアを安心して楽しむことができますよ☆



↓ ↓ クリック ↓ ↓
1本で日焼け止め&アウトドア対策【アロベビー国産オーガニックUV&アウトドアミスト】

稲毛海浜公園プール2019年はテントは使える?

まだオムツの外れていない赤ちゃんや、小さな子供がいる場合は日影を作って休ませるためにもプールサイドにテントを設置したいですよね!

稲毛海浜公園プールでテントが設営できるか?調べてみたところ、高さ160cm以下のサンシェードなら使用可能となっています。

テントとサンシェードの違いは何か?というと、テントの方がしっかりとした作りになっていて雨や水の浸入を防ぐことができます。

よくプールサイドや公園で見かけるコンパクトタイプのテントがサンシェードということですね!

このサンシェードがあるかないか?で疲労度もだいぶ違ってきますが、とにかく稲毛海浜公園プールは連日大混雑するので、早めに台上してサンシェードを設置する場所取りをしましょう!!

授乳が必要な場合はサンシェードは必須!

稲毛海浜公園プールには授乳室が設置されていないので、授乳が必要なお子さんと行く場合はサンシェードは必須になります。

おむつ交換台はトイレに設置してあるのですが、トイレで授乳をするのも嫌ですよね。

ポップアップテントタイプのサンシェードなら、手頃なお値段で購入することもできますし、これからのシーズンに大活躍しますよ!

サンシェードは色々な大きさのものがありますが、稲毛海浜公園プールのように混雑する場所へ持って行くならコンパクトタイプがおすすめです。

POOL DATA

2019年営業期間 7/13(土)~9/1(日)
営業時間 09時00分 ~ 17時00分
入場は、16:00まで。
料金 一般1,100円、高校生800円、小中学生400円、幼児(4歳以上)200円
駐車場料金 600円
住所 千葉県千葉市美浜区高浜7-2-1
電話番号 043-247-2771

スポンサーリンク

まとめ

今回は稲毛海浜公園プール2019オムツの赤ちゃんもOK?テントは使える?と題してお送りしてきましたがいかがでしたでしょうか?

「水遊びパンツ」を履かせた上に水着を着用すればプールに入ることはできますが、こちらはオムツとは違い完全に吸収することはできないということを頭に入れておき、周りへの配慮を忘れないようにしましょう!

また、テントではなくサンシェードは設置可能なので、特に小さな子連れファミリーは早めに来場して場所取りをするようにしてくださいね!

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

稲毛海浜公園プール2019のこちらの記事もどうぞ!

https://trybotocollax.info/?p=927

https://trybotocollax.info/?p=940

関連記事:  蓮沼ウォーターガーデン2019の混雑予想と駐車場情報!営業期間も!