未分類

十津川村の紅葉2019年の見ごろはいつ?混雑情報・駐車場情報も!

紅葉

こんにちは優月です。もうすぐ紅葉の季節ですが、今年はどこで紅葉狩りを楽しもうか?もうお決まりでしょうか?

「なるべくゆっくり紅葉を愉しみたい!」という人におすすめの奈良県南部の村、「十津川村の紅葉スポット」をご紹介いたします。

最近名前が知られつつもありますが、まだまだ広く認知はされていない紅葉スポットの穴場なのでおすすめですよ~

今回は十津川村の紅葉2019年の見ごろはいつ?混雑情報・駐車場情報も!と題してご紹介していくので、是非参考にしてくださいね☆

ここにAdSenseタグを貼ってください。

十津川村の紅葉2019年の見ごろはいつ?

十津川村では、毎年10月下旬から11月10日前後が紅葉の見ごろに時期に当たりますので、2019年も同様の時期に見ごろを迎えると予想されています。

秋は「紅葉」、春は「桜」といったように盆地と山岳・森林地帯の奈良県ではその類まれな地形から様々な四季折々の文化、景観が観れるようになっています。

京都と並ぶ、日本を代表する観光都市の中で北部や中部がいままで重要視されてきましたが、これからは「奈良県の南部」である吉野郡が今、観光目当ての旅行者の間で「熱い視線と密かなブーム」を呼んでいるのです。

十津川村は、いわば観光都市奈良県の穴場スポットとでもいえる紅葉のスポットです。

十津川村の紅葉時期の混雑状況

十津川村の例年の混雑状況は十津川村自体が今年脚光を浴びているだけに紅葉シーズンだけにこだわらず、年中、観光客が歩いています。

有名どころの「谷瀬のつり橋」あたりは、その周りの景観も後押しして絶景ですので確かに込みます。

つり橋を渡る順番待ちの観光客がいるため毎年このシーズンになると混みがちですが、田舎の為と、村全体の面積に余裕がある為、殺伐と感じるかもしれません。

十津川温泉も人気スポットの一つでシーズン中は事前に予約を入れておいたほうが良いでしょう。

十津川村の紅葉2019年のライトアップ情報を

ライトアップはと十津川温泉あたりは道路沿いも含めライトアップされているようです。

温泉に宿泊の人々にはライトアップされて「夜桜」は楽しみの一つになっているようです。

ライトアップの時間の定めは明確だはありませんが、夕方の日暮頃から真夜中にかけてはしている見たいです。

シーズン中は足湯につかりながらの紅葉ライトアップの観賞は良い思い出になる事かと思います。

十津川村の駐車場情報

十津川村の「谷瀬のつり橋」の人の往来の通行料金は無料ですが、近場の駐車場は有料で2時間500円、バスは1,000円、バイクは100円、駐車可能台数は約30台です。

観光客の入れ替わりが激しい為、2019年の紅葉シーズンも駐車場での混雑は避けられそうです。

かの有名な「十津川温泉」ですが、こちらは宿泊と、紅葉見学はほぼ同時にできる為、宿泊先のホテルや旅館専用の無料駐車場のご利用をお勧めします。

雄大な大自然の広い中での紅葉見学も出来れば、温泉旅館周辺でも山間に囲まれている為、簡単に無料で観賞できる為、駐車場の利用をあまり気にしなくても良いかと思われます。

アクセス方法

「谷瀬のつり橋」
住所:637-1106 奈良県吉野郡十津川村谷瀬・上野地
営業時間:年中無休(通年)
交通:大和八木駅からバスで180分、五條駅からは、バスで120分、和歌山県の新宮駅からはバスで210分で上野地からは徒歩で3分です。
十津川村には電車は走っておりません。

「十津川温泉郷」
住所:奈良県吉野郡十津川村平谷
電話:0746-63-0200
交通:大和八木駅からバスで4時間です。

紅葉を思う存分楽しんだ後は、ゆっくりホテルや旅館に泊まるのもおすすめですよ~

CHECK十津川村周辺のホテル・旅館情報[たびノート]

周辺の観光情報

奈良県の南部に位置し正式名称は「奈良県吉野郡十津川村」と言い、面積は672.38K㎡、人口は3,172人で「村」としての面積は日本最大の広さを誇ります。

同村は、以前から存在一足しておりましたが、明治政府との「地元の神社」のやり取りに反対したとして、明治政府の反撃を恐れ、行く手を阻んで人の往来を通さずについ最近の昭和頃まで、「秘境」となっておりました。

しかし今年、幾層もの山深い谷間に民家があるのを発見され生存している村だと言うことが判明したのです。

日本一長い「谷瀬のつり橋」は足場をすべて木で作られており、つり橋の下は「紀ノ川(別名:吉野川)」が流れています。

今年、日本で唯一のかけ流し100%の「十津川温泉」も発見され、一躍「奈良県南部の自然観光地帯」となりました。

近くには狙圏、三重県、和歌山県にまたがる世界遺産「熊野古道」があり毎年秋になるとこのあたり一帯は「紅葉の名所」に早変わりします。

大自然河川の「瀞峡(どろきょう)」も山間を流れており観光用の小舟で渡っていきながら紅葉を見ると実に圧巻で「日本の古代から生き返った紅葉」といったような雰囲気に見舞われます。

こうした大自然の秘境中の「秘境」は今年、旅行マニアの間で密かな話題として人気が出てきているのであります。

https://twitter.com/lookgaki/status/663842471005130753?s=20

瀞峡がおすすめ!

おすすめポイントはたくさんありますが、十津川村の「紅葉スポット」の中でもお勧めなのが「十津川温泉周囲」と「谷瀬のつり橋」付近は先に述べましたが、最近、脚光を浴びているのが「瀞峡」です。

奈良県と三重県、和歌山県にまたがる山間部を流れる優雅で雄大な川には観光船が観光客を乗せて進んでおり、船内から見渡す紅葉風景はとても絶景で、正に現在に蘇った「神秘の朱色の里」といった感じです。

歴史的遺産だけでなくこのような自然的遺産もあるのが奈良県南部の観光スポットなのです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は十津川村の紅葉2019年の見ごろはいつ?混雑情報・駐車場情報も!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

奈良県は田舎ながら交通網がしっかりしていますが、十津川村などの方面は険しい幾層もの山間の道路を通行していくしか交通手段はありません。

ヘリコプターも一般観光では不可のようです。これも、つい最近まで秘境と言われてきた証だということが、伺われますね。

周囲の観光スポットですが奈良県全域が国際観光都市ですのでスポットはいっぱいあります。

有名どころの神社仏閣をはじめ今回述べました「紅葉」、「桜」は全国でも有名で、少し離れたところに、「吉野山がありまして吉野の千本桜」で有名です。

2019年の紅葉は十津川村で楽しんでみてはいかがでしょうか?

今回の記事は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

関連記事:  獅子舞の紅葉2019年の見頃はいつから?混雑状況と駐車場情報も!