お守り

下鴨神社の媛守の値段と、ご利益が凄いお守りの種類も紹介!

下鴨神社

京都の町のど真ん中に、こんもりとした木立があります。「糺の森」と呼ばれる場所で、下鴨神社はそこにあります。

下鴨神社は、京都三大祭りである葵祭で有名です。平安時代から行われるお祭りで、貴族がこぞって華やかさや雅さを競ったことが文献に残されています。

縁結びや安産にご利益があるとされています。境内には2本の木が1本にくっついた「連理の賢木」や、美麗祈願の「河合神社」など、女性に人気のスポットがたくさんあります。

そんな下鴨神社で授与していただける媛守の効果が凄い!と話題になっています。

今回は下鴨神社の媛守の値段は?ご利益が凄いお守りの種類も紹介!と題してご紹介していくので是非参考にしてくださいね☆

下鴨神社の媛守の値段と他のお守りの種類

下鴨神社で授与して頂ける媛守はちりめんで作られた、華やかで可愛いお守りです。同じ柄はないとのことで、自分が気に入ったものを選べます。

値段は1つ1,000円で販売されています。

媛守は女性用の心願成就ですが、対になる男性用の彦守りもあります。彦守りはデニム生地となっていて、お守りらしくなく、とてもカッコいい!と人気を集めています。

レースお守りが人気!

また下鴨神社で最も人気が高いのは、開運招福の御守りです。「レースの御守り」として有名で、見た目の美しさからSNS上で話題になりました。

他にも安産の御守りや、河合神社での美麗祈願の御守りがありますが、全て可愛らしいデザインなのでファッションとして気軽に身につけられます。

また最近ではラグビーの聖地として話題になったらしく、ラグビー御守りなるものも販売されているそうです。

下鴨神社の媛守のご利益体験談

お守り販売所私の下鴨神社の媛守にてご利益をいただけてた体験談をお話させてください。

媛守は、当時の彼氏からのプレゼントです。大学生だった私達は、森見登美彦の本やアニメが好きで、下鴨神社はまさに聖地です。デートでは何度も訪れた場所でした。

その当時、媛守は「世界で一つだけの御守り」として世間で話題になっていました。友達と京都旅行へ行っていた彼は、お土産として私に買ってきてくれました。

私が布でできたカラフルな小物に、目がないことを知っていたからです。そしてまた、「年をとっても可愛くいてくれ」と願いを込めたと言われました。

今度は娘のために媛守を選ぶことに。

彼の願いが叶ったかどうか、それは彼自身でないとわからないことです。ただ当時の彼は現在の夫になり、そのご利益としてありがたいことに女の子も授かりました。

娘が1歳になったとき、家族3人で下鴨神社へ行きました。そして今度は私が、娘のために媛守を選ぶようにと夫に言われました。健やかに育ってくれるように。そして、私と同じように可愛いものが好きになるようにとの願いを込めて。

鮮やかなピンクにお花が目立つ媛守は、母子手帳ケースに付けています。これからも媛守のご利益を受けながら育っていく娘の成長を見守って行きたいと思っています。

https://twitter.com/aengreitou/status/1125600758206910466?s=20

スポンサーリンク

まとめ

今回は下鴨神社の媛守の値段は?ご利益が凄いお守りの種類も紹介!と題してご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

下鴨神社の媛守の値段は1つ1,000円となっています。世界に1つしかない自分好みの柄の媛守を選んでくださいね。

下鴨神社は歴史も古く、社殿も立派で見応えがあります。御手洗川やさざれ石、河合神社と観光スポットも多く、絵馬やお守りの種類も豊富で、必ず気にいるものがあると思います。

何より、糺の森の風光明媚さが好きです。春は平安より愛された桜、夏は新緑、秋は紅葉と、四季折々に魅力があります。そばを流れる鴨川と合わせて、散歩をするだけで気持ちのいい場所です。

そうだ京都行こう、と思い立ったとき、まず訪れるのはいつも下鴨神社ですので、是非媛守を授与していただきに訪れてみてはいかがでしょうか。

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆

関連記事:  霧島神宮のお守りの種類と値段!ご利益と参拝体験談も紹介!