ニュース

阿武隈川氾濫情報!現在の水位と氾濫発生場所と被害状況も紹介!

濁流

台風19号がもたらした豪雨により、日本各地の河川の水位が上昇し、氾濫の危険性が指摘されていましたが、阿武隈川も氾濫が発生し多数住宅が浸水被害を受けているという情報が入ってきました。

福島本宮鏡石町では堤防が決壊したおそれがあり、多くの住宅が水に使っているという情報が入ってきています。

現在の水位も増えつづ亭てるという情報もあり、阿武隈川付近にお住まいの方は最大級の警戒を続け、可能であればすぐに避難をするように呼びかけられています。

今回は阿武隈川氾濫情報!現在の水位と氾濫発生場所と被害状況も紹介!と題してお送りしていきます。それでは本題に入っていきましょう!

阿武隈川氾濫情報!

国土交通省福島河川国道事務所によると、13日2時過ぎに福島県郡山市中心の阿久津橋付近と、石渕町付近、須川市の江持付近、本宮市のJR本宮駅に近い中条付近での氾濫が発生したと発表しています。

この阿武隈川の氾濫を受け、周辺の住民からは浸水被害の通報が消防に相次いで寄せられ、現在ボートによる救助活動も行われているようです。

阿武隈川周辺の住民からの情報によると、床上浸水が起きている、外出先で身動きが取れなくなってしまったなど救助を求める通報が相次いでいるということです。

鏡石市成田地区では、現在250名が救助を待っているという情報も入ってきています。
鏡石市では、堤防が決壊しているという見方をし、調査をすすめているようです。

阿武隈川では今後さらなる堤防の決壊・氾濫の恐れがあるので、付近にお住まいの方は命を守るための行動を取り、最大級の警戒を払うようにして下さい!!

阿武隈川の現在の水位

阿武隈川流域では、13日朝現在雨は上がりつつある状態ですが、阿武隈川の水位は依然として高い状態が続き、大規模な氾濫が懸念されています。

阿武隈川の現在の水位は、福島河川国道事務所が阿武隈川に設置されているライブカメラから確認することができます。

>>福島河川国道事務所 阿武隈川ライブカメラの映像はこちら

先程もお伝えしたように、福島県鏡石市成田地区でも氾濫し、は現在250名が救助を待っているという情報も入ってきています。

雨が上がったからと言って油断はできません。引き続き周辺の河川の増水も続き、阿武隈川の水位上昇も続くものと見られますので、最大級の警戒を払い、流域にお住まいの方は早急な避難をお願いします!!

スポンサーリンク

まとめ

今回は阿武隈川氾濫情報!現在の水位と氾濫発生場所と被害状況も紹介!と題してお送りしてきました。

阿武隈川では、福島県郡山市中心の阿久津橋付近と、石渕町付近、須川市の江持付近、本宮市のJR本宮駅に近い中条付近での氾濫が発生しています。

浸水している状態で外出するのは大変危険です。かなり高い水位まで浸水している場所もある可能性が高いので、住宅の高い所にいるようにしてください。

引き続き水位が上昇する可能性もあるので、むやみに動かず救助を要請するようにしてください!!

また、各地の河川の氾濫状況はこちらの記事から御覧ください。

関連記事:  利根川氾濫可能性!?現在の水位・状況と周辺の被害状況も!

関連記事:  多摩川氾濫情報!現在の水位と氾濫発生場所も紹介!

関連記事:  千曲川氾濫情報!現在の水位と氾濫発生場所と浸水想定地区!

関連記事:  荒川氾濫の可能性はある?現在の水位と周辺の被害状況も紹介!

関連記事:  信濃川氾濫の可能性はある?現在の水位と周辺の状況を紹介!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆