ニュース

荒川氾濫の可能性はある?現在の水位と周辺の被害状況も紹介!

濁流

日本各地に今までにない大雨をもたらした台風19号ですが、一夜明けてから各地の河川の氾濫が伝えられています。

特に甚大な水害を引き起こしているのは、長野県の千曲川や、福島県の阿武隈川、そして東京の多摩川ですが、荒川も水位が上昇し、氾濫の危険性を指摘されています。

10月13日朝7時30分現在、荒川は氾濫機縁情報レベル4相当が発令されていて、浸水想定地域は埼玉県~東京都にかけてかなり広い範囲に及んでいます。

そこで気になるのは、荒川の氾濫の可能性や現在の水位ですよね。

今回は荒川氾濫の可能性はある?現在の水位と周辺の被害状況も紹介!と題してご紹介していきます。それでは始めていきましょう。

荒川氾濫の可能性はある?

埼玉県・東京都を流れる荒川は、台風19号がもたらした豪雨により水位が上昇し、現在氾濫危険情報レベル4が発令されています。

13日朝7時30分現在も荒川の水位は引き続き氾濫危険水位に達しているので、いつどこで堤防が決壊して氾濫してもおかしくない状態です。

このことから、荒川が氾濫する可能性も非常に高いと見られています。

雨が上がって晴れてきているので油断してしまいがちですが、増水した支流からの流入により、荒川本体も更に雑炊する可能性もあります。

荒川は現在もとても危険な状態が続いています。決して川に近づかないようにしてください!!

そして、荒川流域にお住まいの方は万が一に備え、命を守る行動をお願いします。

現在の水位と周辺の被害状況も紹介!

荒川は現在も水位は非常に高く、氾濫危険水位に達していて、氾濫の危険性は依然として高い状態が続いています。

荒川の現在の様子は、こちらのライブカメラから見ることができます。

>>荒川下流河川事務所 ライブカメラはこちら

現在の荒川の様子を見ても分かる通り、水位が上昇していて非常に危険な状態が続いています。

川を見に行ったり、絶対に近づかないようにして下さい。

そして周辺にお住まいの方は、いつでも避難できるように身支度を整え、自治体からの情報をこまめにチェックするようにして下さい!!

スポンサーリンク

まとめ

今回は荒川氾濫の可能性はある?現在の水位と周辺の被害状況も紹介!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

荒川は10月13日朝7時30分現在、氾濫危険水位に達しているので氾濫の可能性が非常に高くなっています。

雨は上がってきたので油断してしまいがちですが、引き続き氾濫危険情報レベル4が発令されていることから引き続き最大限の注意を払うようにして下さい!!

身の安全が第一です。命を守る行動をとって下さい!!

また、各地の河川の氾濫状況はこちらの記事から御覧ください。

関連記事:  利根川氾濫可能性!?現在の水位・状況と周辺の被害状況も!

関連記事:  多摩川氾濫の可能性と現在の水位!台風19号による豪雨被害のまとめ!

関連記事:  千曲川氾濫情報!現在の水位と氾濫発生場所と浸水想定地区!

関連記事:  信濃川氾濫の可能性はある?現在の水位と周辺の状況を紹介!

関連記事:  阿武隈川氾濫情報!現在の水位と氾濫発生場所と被害状況も紹介!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました。