ニュース

さいたま市付近の荒川氾濫の可能性は?台風19号影響のまとめ!

千曲川

10月12日に関東地方に襲来した大型で猛烈な勢力の台風19号は、関東各地に今まで経験したことのない大雨をもたらしました。

その結果、長野県の千曲川では大規模が氾濫が起こり、甚大な被害が発生しています。

さいたま市の近くを流れれる荒川も今朝方まで危険氾濫水位に達し、現在は水位は下がりつつはあるものの依然として警戒レベル3が発令されている状況なので、まだ氾濫の可能性も否定できない状況が続いています。

川越地区でも大規模な氾濫による浸水が発生しているので、さいたま市も心配ですよね。

今回はさいたま市付近の荒川氾濫の可能性は?台風19号影響のまとめ!と題してお送りしていきます。

それでは本題に入っていきたいと思います!

さいたま市付近の荒川氾濫の可能性は?

さいたま市付近を流れる荒川ですが、13日15時現在も氾濫警戒レベル3が発令されています。

荒川では当分の間、避難判断水位を超える水位が続く見込みということで、今すぐ氾濫の可能性が高いわけではないのですが、十分に注意する必要があります。

というのは、荒川には中小様々な支流から水が流れ込むので、山の方からの支流が雑炊すると、荒川もあっという間に増水してしまう恐れがあるからです。

荒川が氾濫した場合、さいたま市で一番先に危機に見舞われる可能性が高いのが、西区と桜区となっています。

西区と桜区にお住まいの方は、まだまだ荒川の氾濫の可能性がゼロではないので、避難勧告が出た場合にすみやかに避難できるよう、荷物をまとめておくなど対策を取るようにしてくださいね!!

さいたま市の台風19号影響のまとめ!

猛烈な勢力を維持してさいたま市を襲った台風19号ですが、市内各地に大きな爪痕を残しています。

氷川参道の大欅が、倒木したことも話題となっています。

ひょうたん池も増水した様子が見られています。

現在、さいたま市で台風19号による人命の被害は確認されていませんが、大雨で地盤がゆるくなっていることから、引き続き土砂災害などに警戒を続けるようにして下さい!!

スポンサーリンク

まとめ

今回はさいたま市付近の荒川氾濫の可能性は?台風19号影響のまとめ!と題してお送りしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

現在、さいたま市付近を流れる荒川では氾濫危険水位には達しておりませんが、13日15時現在も氾濫警戒レベル3が発令しています。

支流の増水に伴い、本流である荒川もまだ増水する可能性も十分ありえるので、自治体からの情報をこまめに確認しましょう。

また、避難勧告が出た場合、すぐに避難できるように荷物をまとめておくなど、油断せずに対策を取るようにしてくださいね。

関連記事:  荒川氾濫の可能性はある?現在の水位と周辺の被害状況も紹介!

今回は以上となります。最後までお読みいただきありがとうございました☆